346名無しのやる夫だお2009/11/23(月) 22:52:05 ID:z3F.qqVc

      『異世界リィンバウム―――――そこは様々な魂が集う場所。
      ある者は「楽園」と呼び、またある者は「牢獄」とも呼ぶ世界。』

      「召喚術」と呼ばれる異世界の存在を使役する力を行使することにより、
      そこに暮らす者たちは数々の栄光と繁栄を手にし、また、同時に争いと災いをも呼びこみ続けていた。

      大陸に存在する三大国のひとつ「帝国」―――その北端にそびえたつ山岳地帯にある宿場町「トレイユ」。
      国境を越えてやって来る旅人で賑わうこの町のはずれに、宿屋兼食堂を営む少年の姿があった。

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\  色々と大変だけど
    |    (⌒)|r┬-|     |   ウチの父ちゃんは結構凄い人だったんだお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

347名無しのやる夫だお2009/11/23(月) 22:52:39 ID:z3F.qqVc


    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /    < ●>:::< ●>ヽ
             |       (__人__)  |
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-   | ワ     ゴ      ン      |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎


      幼い自分を一人ぼっちにして、旅に出たまま帰ってこない父親(オプーナ)。
      それを反面教師とする彼の夢は、真面目にこつこつ働いてまっとうな人生を送ること。

348名無しのやる夫だお2009/11/23(月) 22:53:16 ID:z3F.qqVc

      温かい友人たちに支えられながら得意な料理の腕をふるう、そんな忙しくも充実した日々に、突然の転機が訪れる。


                  ┌一´ ̄`ー┐
                \_____/
                 l    |
                , L _」
               /⌒  ⌒\
         ,ィ^ヽ  /( ●)  (●)\
.          { |  |/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
            ヾ__, |     |r┬-|     |
             l l  \     `ー'´    /
.          /`ヽ__/ >ー ‐-- '´ \
         ヽ_ ノ / {>ロ<}  _ ノ  }
             l_lヽ/   /o   o〈_|__ノ,
.             /   /o    o      ',
            〈   /o     o      |
              \l________/
              ヽ_/    ヽ_/
                 |ー'|       V⌒)
                ̄         ̄



      町外れの丘で目撃した虹色の流れ星(鞄)。それを追って現れた謎の一団。


           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\ お前ら誰だおーーー?!!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'

349名無しのやる夫だお2009/11/23(月) 22:54:05 ID:z3F.qqVc

      幼い頃から父親(オプーナ)に叩き込まれた剣術で友を守って戦ったたその時から、やる夫は、知らず大きなうねりの中へと巻きこまれていくことになる。
      行方もしれぬ父親を発端とした、人間と召喚獣の―――そして、やる夫自身の運命にも深く関わってゆく、答えの見えない戦いの日々の中へと・・・。

                                                            ,. -─ァ
                                                       / .∟ /
                                                   / / /
                                                   / / /
                                                   / / /
                                              / / /
                                              / / /
                                               / / /
                                          / / /
                                           / / /
                                   .r 、 ./ / /
                                   ,| ヾ / ./
                                _  / \ \,/
                                / `¨ヾ、 _,>、_ゝ
                  __           /    、_,)
                   -´    `ヽ      ./    _,ノ
                /         \r-,./    /´
            ./  \        ヽ、\ /
             / ( ●)    ̄ ̄    ヽ_」´
           |:::⌒(__   ( ●)     .|ゞ
            ヽ    (__ノ ⌒::::      .|、
            |¨<\             /` ̄ゝ
           \_フノ   ___,.-‐'ーく¨X´  ,ヘ`ヽ
              {    ヽニ7  __,>'ヽ∠,   ハ
             {       `{ /´ヘ   ̄ /`ヽ__|
              、       \  、i    /  '´/_},. -rヘ
                ヽ          `ト、\  |  /   ¨ ‐ _ノ   _
                丶          「` -二`ヽ,ゝ._    `´ ̄ <_
                 .{         ヽ   ̄¨ ー一'¨ ー-、_ つ丶 二)
                |        \            ̄| ト、ヽ
                ,ゝ        \

350名無しのやる夫だお2009/11/23(月) 22:54:37 ID:z3F.qqVc

  \        //  ∨: : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :\
     \___   { { ==/ : : : : : : : : : /:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ
     | : : : :|  { { // : : : : : : /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : |: : :| : : : : : : : : : : :ヽ
     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃r:::yニバ`    ̄ 〃示テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\どニつ′       ごつ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄   ⊂ー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}   どうして翠星石が狙われないといけないんですぅ・・・
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}
: : : |二|二二二ニニ`ーく_入\     ト、   ` ー '"    / ̄/_={{      '/
: : : |二|二二二二二二二|  爪    | \ /       ト/ニニ{{      }}


      親を失った少女の笑顔を守るために、1人の少年が立ち上がる

      やる夫は竜の子をひろったようです 嘘(?)予告

      原作:PS2ソフト「サモンナイト4」 鋭意製作中

      2010年 4月 公開できたら良いなぁ




元スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1257246784/より